眠れない夜はきまって『空中ブランコ』を思い出す

不眠症とまではいかないがリモート勤務になって以来、疲れているのに眠れないということが増えた。唯一の運動であった通勤退勤がなくなり、平日は基本ベッドとデスクの往復だけになってしまったことが原因だと思う。

そして今日もまた眠れない夜を過ごしている。

 そんな日はきまって奥田英朗の『空中ブランコ』を思い出す。眠れないときは無理に寝ようとしなくていい「眠れないときは起きていればいい」と、そう教えてくれた私の大切な記憶。

 

空中ブランコ』(くうちゅうブランコ)は、奥田英朗による連作短編小説集、およびその表題作である。精神科医・伊良部シリーズの2冊目にあたる。第131回直木賞受賞作である。

空中ブランコ (小説) - Wikipedia

 

記憶の中にある、といってももうずいぶん前の記憶で私が覚えているのは小説ではなくテレビドラマのほうだ。ただそのドラマも1度しか見たことがない。気になって調べてみると放送されたのは2005年5月27日とのこと。当時11歳。人間の覚えていられるという能力は本当に面白いと思う。

 『空中ブランコ』の中では、 阿部寛演じる破天荒な精神科医が、様々な悩みを抱えた患者たちに、得体のしれない注射を打ったり、治療とは思えないアドバイスをしながら心の病と向き合っていくお話だ。その中で堺雅人演じる空中ブランコの天才フライヤーが訪れる。彼は突然ジャンプが成功しなくなり不眠症で悩んでいた。二人の会話の中で「眠れないなら起きていればいい」という言葉がでてくる。言い回しはもっと違っていたかもしれない。ただ今でもすごく記憶に残っていて、この言葉が眠れない夜に安心をくれる。「ああ、起きていてもいいんだ」と。

 16年ぶりにもう一度このドラマを見てみたい。どうやらTSUTAYAプレミアムで見れるようだ。

 

すべての眠れない夜を過ごす人たちへ

tsutaya.tsite.jp